自由気ままにちょっと一言

ちょっとした一言を自由に綴っていくブログです

魔人騒動の黒幕「賢者の孫」第4話

f:id:ataraxia3510:20180907224222j:plain

どうもこんばんは。

最近家具の配置が気になったので模様替えしたくなってきました。

ゴールデンウィーク中に時間取れるかな…

 

さて今回は「賢者の孫」第4話です。

魔人化したカートを討伐したものの、一連の騒動にしこりを残したシン。

容疑者として浮上したのは直前にカートと会っていた、中等学院教師シュトローム

 

 

黒幕にして理性ある魔人でした。

 

 

まぁ知ってたけどね。

 

なぜドミニクとルーパーを後から駆け付けた設定に変えたのか…

セリフの端々に隠せない矛盾があるんだけど。

熱光線魔法の演出は頑張ったと思います。

 

今回さらっと通り過ぎたけど究極魔法研究会立ち上げのはずだよね?

マークとオリビアが参加となりますが、一応彼らはAクラスですので。

本当はもっといろんなくだりがあるんだけど、今まで同様ざっくり割愛の模様。

 

今回も今まで通り割愛の弊害がしっかり現れた回でした。

戦闘描写についてはまだ良いのですが、セリフをかなり飛ばしている分やはり内容に入り込めない状態だと思います。

勲一等授与の決定がありましたが、次回そのあたりはきっちりするのでしょうか?

ところでシンが街の女性からうわさされる描写だけは妙に原作通りでしたね。