自由気ままにちょっと一言

ちょっとした一言を自由に綴っていくブログです

ね、ねこ集会?「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」第11話感想

f:id:ataraxia3510:20180907224222j:plain

どうもこんばんは。

お月様は見えましたか?

私の家からは見えませんでした……

 

さて今回は「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」第11話です。

クロイツへ帰ってきたラティナは、久しぶりの学舎で友人たちと再会する。ルディの反応があからさまになってきてるけど、ラティナは安定のスルー力

そんなことよりラティナは噂にきいた「ねこ集会」で頭がいっぱいで……

 

 

こんな話ありましたっけ?

 

 

いや、読み返せばどこかにあるのかもしれないけど。

それともオリジナル?別にそれでもいいけど。

少なくとも振袖的なアレに覚えがないなぁ…

 

まぁ話数的に微妙なのは間違いないよね。

あんまり進めてしまうと、次元の壁が変なことになっちゃうかもしれないし。

でも天翔狼の子がすでに来そうな雰囲気出しちゃってるし。

あの子が来たら年単位で時間が動くんだけど。

 

原作通りに進めるのは難しそうな感じもあるので、もしかしたら次回もオリジナル要素が入っている可能性もありますね。

ラティナたちが学舎を卒業するとかそういった話。

原作だとその辺りはナレーションベースに近い感じがあるので、アニメでしっかりやるかもしれません。

だって原作通りにやっちゃったらあの人出て終了でしょ。

終われません、全く。

 

今回も安定のラティナと親バカの平和なお話でした。

とりあえずあと四年くらいは平和なので、次回も平和でしょう。

天翔狼のくだりがなかったら別の可能性があったのですが、天翔狼来ちゃうと年単位で時間経過しちゃうから。

なんにせよ次回も我らが姫を見守るだけですね。

次回も楽しみです。